夫婦は喧嘩するほど仲がいい?果たしてどうなのか?

夫婦喧嘩

1.夫婦喧嘩のパターンについて考えてみる

夫婦の言い合いを傍から見て、喧嘩するほど仲がいいと表現されることがあります。
喧嘩というのはある程度、言い合える関係性ではないと発展し得ない面もありますので、そうした距離感の近さを、仲がいいという言葉で表現をしています。

確かに距離感のある相手ですと遠慮してしまう部分があるものですので、その点を考慮すると好き放題に言えるのは仲が良いと捉えることもできるかもしれません。

>>夫婦喧嘩でのNG行動は? 離婚を防いで仲直りするコツ

ただ、全てのケースにこの考え方が当て嵌まるのかと言えば、そうとも言えないでしょう。
喧嘩をきっかけに仲が悪くなったり、離婚したりする夫婦がいることを考えると、全てのケースで仲がいいと片付けることはできません。
では、両者を分けるポイントは一体どこにあるのでしょう。

○思いやりや愛情を感じられる喧嘩の場合

仲がいいと言えるパターンとしては、そこに思いやりや愛情を感じられる喧嘩の場合が挙げられます。
時には相手のことを思っているからこそ本音をぶつけ、それをきっかけに言い合いになってしまうこともあるものですが、その言い合いの裏には少なからず愛情が存在しているはずです。

二人の関係をよくするための言い合いの場合、最初は上手くかみ合わずに揉めてしまうこともあるかもしれません。
しかしながら時間の経過と共に相手の言い分を許容できる気持ちが生まれたり、お互いにとっての有益になる面を認められたりできることで、言い合いをプラスに転化させることができるのです。

本音をぶつけあったことで、相手のことを少し知れるようになったと共に、自分のことも相手に知ってもらえたことで、仲を深められることがあります。
この場合は結果的に双方の距離感を縮めることができていることで、仲がいいと言っても差し支えはないでしょう。

○フォローがしっかりとできている場合

もうひとつ仲がいいと言えるパターンに、フォローがしっかりとできている場合です。
言い合いになってしまい一時的に仲が悪くなった時でも、どちらか一方が謝るなりスキンシップを図るなりして関係を修復できた場合、これもまた仲がいいと言うことができます。

一度亀裂が入ってから修復ができた時、その関係性は強固なものになりますので、言い合いが良い結果を招いたひとつのケースと言えるでしょう。

○相手を傷つけるだけの言い合いになっている場合

一方で、仲がいいとは言えないパターンもあります。
ひとつは、相手を傷つけるだけの言い合いになっている場合です。

例えば容姿や身長などの身体的特徴や、年収の低さなどの相手のプライドを傷つけるような内容の場合ですが、こういった時は思いやりも愛情もそこには感じられません。

単なる不満を伝えるための文句であり、双方にとってプラスに作用しないことがほとんどです。
相手の聞きたくない本音を知らされたことで不快な気持ちとなり、時には修復不可能な関係になってしまうこともあるのです。

その後のケアが何もなかった時も、マイナスに作用する可能性が高いと言えます。
派手に言い合いをしたにもかかわらず、修復をするためのケアを怠ってしまうと、関係性に亀裂が入ったままになりかねません。

そうした中、再度のトラブルが生まれてしまうと、傷がどんどん深くなってしまい、やがては修復ができない状況に至ってしまいます。
最悪の場合は離婚というかたちで結末を迎えることも。

2.まとめ

喧嘩をするほど仲がいいというのは、確かに的を射ている部分もあり、実際に普段から言い合う間柄でも仲がいい夫婦も沢山いるでしょう。
しかしながら一方ではそうではない夫婦もいるのです。

関係が良くないからこそ揉め事が多く生まれ、最終的にバラバラになってしまいます。
この点を踏まえると、一概に仲がいいと言うことはできず、ケースによりけりというのが実際のところです。

思いやりも愛情も何もない言い合いでは、お互いに傷つけ合うだけですので、喧嘩の仕方には十分に注意をしなければいけないと言えそうです。

へそくりってみんなしてるの?主婦の平均へそくり額は?

家計簿

1.主婦のへそくり事情

主婦には専業と兼業がいますが、両方ともへそくりはしていると考えられます。
男性は妻がへそくりなどする余裕はないのではないかと思うかもしれませんが、女性は何かあった時のために少しずつでも貯蓄をしているのが普通ですし、常識です。

例えば夫婦喧嘩をした時などに原因になるのは経済的なことが圧倒的に多いですが、後から冷静に考えた時に何かあった時のためにお金を貯めておかなければいけない、と考えるのが多くの女性にとって当たり前ではないでしょうか。

貯金の金額はその家の経済状況によっても異なりますが、専業の場合は家計簿をつけて夫は収支を把握している場合へそくりはしづらいものと考えられます。
ですが、例えば最近はオークションやアプリなどでお金を稼ぐことはそれほど難しくはありません。

若い時に買ったブランドもののバッグや宝石類などを売ることによって、何万円ものお金を手にすることはそれほど難しいことではないのです。
また最近流行の在宅ワークでも、隠れてお金をためることができます。

主婦に人気なのが、文章を書いてそれをネット上にアップするライターと呼ばれる地元です。
こうした仕事をコンスタントにこなすことで、1日数百円から多い人で数千円稼ぐことができます。

2.1か月あたり1万円以上貯めている人は少なくない

こういうお金を夫に言わずに貯蓄している人は少なくありません。
使い道は例えば年に1回の旅行であったり、家族で出かける時の食費や準備費用に使うというケースもありますし、妻自身がエステや美容院またはブランド品を買うなど本人の贅沢に使われる可能性もあります。

経済状況に関わらずにお金をためていない妻の方が少ないと考えられますし、女性の方が現実的ですので夫に見せている収支とは別で帳簿をつけているという人も少なくありません。
平均額は収入によっても全く異なりますが、1か月あたり1万円以上貯めている人は少なくないと考えておいた方が良いです。

例えば一か月あたり1万円貯蓄したとして、年間で12万円お金を貯めることができます。
このぐらいが平均金額と言えるのではないでしょうか。

あまり金額が大きくなると夫にばれてしまうことによってそれはへそくりではなくなってしまいますし、隠しておける金額はこのぐらいと考えられます。

昔は額縁の裏などに隠しておくのが普通でしたが、最近は別で口座を作ったりクローゼットの奥にしまうなど色々な方法で隠している主婦が多いです。
どのような夫婦でも離婚をする可能性というのは全くないわけではありませんし、そういう危機感は女性の方が多く持っています。

3.離婚予定がなくても自由に使えるお金はあった方がよい

離婚をすることになった場合、色々な用意をしなくてはいけませんし財産は分割するにしても異性関係のトラブルになった場合は興信所や探偵などを雇うことも普通です。

専業主婦ではそういうサービスを利用するための費用を捻出することができませんので、ある程度は貯蓄しておかなくてはと思っている主婦も少なくないかもしれません。

離婚をする予定がなくても自由に使えるお金はあった方がストレス解消に役立ちますし、その方が夫婦や家族が円満に暮らすことはできます。
私も多少のへそくりはしていますが、やはり夫には言っていません。

言う必要はありませんし、頂いたお給料を一生懸命やりくりして余ったお金ですので、それは自分のお金にしても何の問題はないと思っています。

夫も小遣いをもらっているわけですし、私は生活費の中から余ったぶんは使っていいことになっていますので、使っても余った分はへそくりとして取っておけば家族に何かあった時に惜しげなく使うことができますし、定期などに入れずに現金で残しておけるお金は必要だという認識です。

主婦だけでなく、大人なら皆やっていると思います。

主婦でもこっそりお小遣い稼ぎできる方法

主婦

1.お小遣い稼ぎをする主婦が増えている

最近では空いた時間を上手に利用してお小遣い稼ぎをする主婦も増えています。
多少なりとも稼ぐことができれば家計の足しになりますし、自分の楽しみに使うこともできます。
小さな子どもがいてもできる方法はたくさんありますので、まずはどのような方法があるのかを確認してみましょう。

稼ぐとなると外に出てパートやアルバイトをすることが近道ではありますが、ネットを利用して稼ぐ方法もあり、無料でも始めることが可能です。
特別なスキルを必要としないものはたくさんありますし、細切れの空き時間を上手く活用できますので、これから始めるのならネットでのお小遣い稼ぎがおすすめです。

○ポイントサイト

入門編としては、ポイントサイトは誰でも簡単に始めることができます。
ポイントサイトはウェブ上で様々な企業の広告を掲載しているサイトであり、企業は広告を出すためにポイントサイト側にお金を支払っています。

登録すると、広告を見たり無料のメルマガに登録したり、スマホアプリをダウンロードしたりすればポイントが貯まっていく仕組みです。
その貯まったポイントを換金することができ、どのような種類の換金方法があるかは利用するポイントサイト次第となっています。

この方法でお小遣い稼ぎをする人がとても多いので、莫大なユーザー数を誇るサイトも存在します。
無料ではありますが稼げる金額は人によって大きな差があり、メルマガ登録や無料アプリのダウンロードくらいしか行わなければ2,000円程度になりますが、クレジットカードの作成や資料請求などは報酬が高いので1カ月に数万円の収入を得ることも可能です。

特にクレジットカードの発行は高報酬ですので、始める場合にはこのあたりを押さえておくのが基本です。
また、中にはクイズをしたり、ゲームで遊ぶだけでもポイントが貯まっていくところもありますので、楽しみながら稼ぐことができます。

○アンケートモニター

次のおすすめはアンケートモニターであり、募集を行っているサイトに登録してアンケートに答えると報酬がもらえる仕組みです。
パソコンでもスマホでも答えることができますので、隙間の時間を活用するには最適の手段ですし、特にスキルは必要としませんので誰でも行えるのが大きなメリットです。

インターネット上のアンケートに答えるだけの場合には数千円程度の収入ですが、時々開かれる座談会などに参加すると月に1万円以上稼ぐのも難しくはありません。
アンケートも数に限りがありますので、他の方法と併用しながらやっていくのが現実的です。

○パソコンを使った在宅ワーク

少し本格的に稼ぎたいのなら在宅ワークを始めるのも良い方法です。
パソコンを使って仕事をするのですが、最近ではスキルがなくてもできる仕事が増えていますので、自分にできることはないかを確認してみましょう。

パソコンを使った仕事というとデザインやプログラミングなどの専門的なものを思い浮かべてしまいますが、データ入力や記事作成の仕事もありますので初心者であっても稼ぐことができます。

ポイントサイトやアンケートモニターと違って、空き時間を見つけてコツコツとこなしていけば数万円を稼ぐこともそれほど大変ではありませんし、コツをつかむと短時間でこなせるようになって更に効率はアップします。

一度このような仕事を初めてみると率が良いと感じて長く続ける人も多いようなので、数万円程度の稼ぎを求めているのなら在宅ワークを始めるのが良いかもしれません。

○オンラインカジノで稼ぐ

カジノ法案が国会を通過したからといって、カジノが合法化されたわけではないですが、オンラインカジノならサーバーが外国にあれば違法にはなりません。

それを利用してオンラインカジノユーザーが増えてきているのですが、還元率が高いギャンブルなので稼ぎ方や必勝法を知っておけば副収入を得れる可能性は十分にあります。

ただし、悪質なオンラインカジノなども存在するので、インターネットの比較サイトなどをしっかり確認し、ライセンスをしっかり獲得した優良なカジノサイトを選ぶ必要は最低限あるかと思います。

>>オンラインカジノランキング2018年版 日本語・スマホ対応の厳選カジノをまとめて紹介!

このように主婦が自宅で稼げる方法は色々ありますので、できることから始めてみましょう。
どれも初心者にとってハードルが高いものではありませんし、慣れてくれば自分なりの稼ぎ方も分かってくるはずです。

何が合うのかが分からない時はいくつかを併用するのも良いかもしれません。

主婦一押し!クックパッドで楽しく料理しましょう

料理

1.結婚してからクックパッドをよく見るようになった

スマートフォンを見ていて「この料理おいしそう、作ってみたい。」といざレシピを見てみると「我が家にはこの材料はないから作ることができない。」ということになりがちです。

そうするとこの料理は作れないと思ってしまい諦めてしまいがちになってしまいます。
でもクックパッドは家庭の主婦が投稿したレシピが多くのっているので一般的な家庭にある材料で料理ができ作り方も写真付きで分かりやすく記載されているので、料理初心者でも楽しく作ることができます。

私も結婚してからクックパッドをよく見るようになりました。
何せ初めて料理を作るのですから何をどうすれば良いのか全く分からなかったのです。

少しでもたくさんの料理ができるようになりたいと他社のレシピ集も購入しましたが分厚い本でしたので料理を作りながら本を開いているという動作がとても大変ですぐに見るのを辞めてしまいました。

しかしクックパッドはスマートフォンのアプリがありアプリを開くとレシピが見れるので本を開いているという動作が省けるうえ画面もずっと開いているので、料理の途中でスマートフォンを操作するということがなくスムーズにできるのです。

2.夕飯の献立に悩むことが少なくなったのがメリット

材料もレシピを見ながら作るので「砂糖入れ忘れた。」などといったことを防ぐことができます。
また結婚した当初はメニューを考えるのが楽しいのですが、徐々に「今日の夕飯は何にしようかな。」という献立の悩みがでてきました。

そんなときは、アプリを開くと野菜、お肉、魚介、卵や乾きもの、サラダという項目があるので「今日は肉料理が食べたい。」と思ったらお肉という項目をクリックするとおすすめの料理が掲載されていて、写真をクリックするとレシピが表示させることができるので大変便利ですし、今まで挑戦したことがなかった料理にも作ることができるようになりました。

今まで出したことがない料理を旦那に食べてもらうと「新しい料理?」ととても喜びおいしそうに食べてくれます。
おいしそうに食べている表情は料理を作っている主婦にとってはとても嬉しいことです。

また、ランキング形式でレシピが見られたり、殿堂入りのレシピも見ることができるので、主婦の間で今人気の料理も作ることができます。
ランキング、殿堂入りのレシピはプレミアム会員になると見ることができるのでよりクックパッドを使いこなしたいという方にはおすすめです。

3.プレミアム会員になると専門家厳選レシピというものも見れる

またプレミアム会員になると専門家厳選レシピというものも見られます。
例えば美容やダイエットでは低カロリーのレシピや美肌、美白に良いレシピ、ベビー&ママでは離乳食のレシピや妊娠中のママ想いのレシピなど自分だけでなく家族の食事の悩みなども解決できます。

栄養士やシェフが考えたレシピなので安心して利用できます。
またクックパッドでは料理動画も掲載されていて、料理の画像をクリックするだけでその料理の作り方の進行状況が分かりやすく手順を読む手間も省けるのでとても便利です。

「その程度混ぜるのか、どんな感じになるまで炒めたらいいのか」など写真や文章では伝わりにくいところも画像を見るだけで判断することができます。
このようにクックパッドは主婦の見方といってもいいぐらい大切な存在です。

またサイトだけでなく本も販売されているので、スマートフォンを汚したくない方には大変ありがたいですし、何より分厚くなく簡単に開ける丁度良い薄さのレシピ集なので扱いやすく使った後はしまっておいても邪魔になることがありません。

食事は毎日のことなので料理を作る主婦はつい面倒だなと思ってしまいがちですが、家族を笑顔にする大切な習慣です。
家族を大切にしながらより良い健康を保っていくために料理を楽しくすることが大切です。

小学校低学年でもいじめが存在する

いじめ

1.低学年だからこそいじめが強烈になってしまう

小学校低学年でもいじめが存在します。
というよりは小学校低学年だからこそ強烈ないじめになるという事を考えてもいいかもしれません。

子供というのは極めて残酷なところがありますから、仲間外れやいじめをする事に躊躇がないという事があるのです。
子供の場合は悪いという事を考えていない場合もあるので注意が必要だという事も言えるのかもしれません。

大人と子供の違いは単に肉体的なところだけの事では無く、精神的な考え方などの違いも当然あるわけで、小学校低学年ぐらいの時は、この正邪の判断をし始めるころという事も言えるのかもしれません。

ですから、正邪の判断をすることなく、これは嫌いということになれば徹底的にしてしまう事になるので、あっという間にいじめが出来てしまうわけです。
他人と違うというだけでいとも簡単に仲間外れにされるという事は当然の事ですし、何かおかしな事をすれば、それが問題だという様に考えられてしまう事も少なくはありません。

その代わりに良いという事になれば誰とでも仲良くもなれるという極めて柔軟かつ難解なところがあるのが、この頃という事が言えるのかもしれません。

2.教員の仕事を改めて考える

そもそも論として教育という物が、このいじめの正邪を判断できるようするというような側面もあって、この判断をすることが出来る材料を提供していく事が教員の仕事ということもあるわけです。

小学校は保育園のような子供の預かり施設ではなく、教育をするというところでもありますから、その教育の中には正邪の判断を正しく行う事が出来る用にするという事も大切な事になります。

小学校低学年の事は極めて何事にも興味を持つ頃という事がありますから、どんなものでも、どんな人でも興味深く観察をしていて、自分の為になる物かどうかを判断していると考えて良いかも知れません。
そして自分の為になると考えられればすぐにでも取り入れるという事をしますし、要らないという判断になれば遠ざけるという事をしてしまうのです。

これが教育を受けた場合には、遠ざけるのではなく、礼節をもって対するという事をすることが出来るようになるのですが、教育を受けていない場合は常に要るのか要らないのかという二極の選択肢で判断するしか無いわけです。

3.子供は極めて本能的に動くことが多い

そして、その対象が人であって、要らないという判断が下された時には、それがいじめとなって様々な形で出てくる事になるの野で、これは人が常に抱えている問題だという他ありません。

要らないものを近くに持ってくるというような事があれば、それは生存に関わることになりますから、そのような事をする事は無いでしょう。
大人の場合は社交性を身につける事で、要らないものもある程度は必要だという事を認識することが出来るのですが、それが出来るのはある程度の教養を身につけた人という事になります。

つまり、全てのモノが大切なモノだと理解しなければ、この不要なモノを遠ざけるという事はなかなか出来る事では無いという事です。

子供は極めて本能的に動くことが多いですから、これを無くすという事は出来ません。
大人の場合は教育を受けていますから、本能を成業することの意味を理解している事がありますが、子供はそのような教育を受けている最中ですから当然、そのような判断が出来ないところにあります。

ですから、こうした事は必ずある物だと考える必要があります。
理想的には、そのような事がない事が理想ではありますが、それは不可能なことなので、子供の場合はこうしたところで、それは悪い事だという様に指摘して教える事が必要になるといって良いでしょう。

悪い事をしたから駄目な子だというのではなく、その行為は駄目だと理解させるという事を考える必要があります。

年賀状はやっぱり手書きが一番!

新年

1.手で地道に書いた年賀状は書き手の気持ちが乗っている

年末が近づくにつれ、年賀状の準備についてあれこれ悩む人は少なくありません。
どのくらい年賀はがきの枚数が必要なのか、誰に出せば良いのかなど、関係する諸問題を意識するようになるでしょう。

その際、手書きが良いのか、それとも印刷で簡単に済ませても良いのかについても迷ってしまいがちですが、おすすめと言えるのは手書きで差し出すこと。魅力は何と言っても気持ちが伝わりやすくなることでしょう。

パソコンでも、手で書いた風に作成をすることもできますが、それはあくまでも印刷にしか過ぎず、コンピューターによって作られた年賀状になってしまいます。
手で一枚一枚書いた場合と違って、印刷には温もりが感じられません。

受け取る側としても簡単に印刷と分かりますので、そこから手抜きを感じてしまったり、年賀状を貰うことのありがたみも薄くなりがちだったりするのです。

一方、手で地道に書いた場合は書き手の気持ちが乗っていることで、貰う側も嬉しい気持ちになれるはず。
自分のために時間を掛けて書いてくれたという想いを抱け、書き手の温もりを感じることができるのです。

些細な気持ちの違いではあるものの、送り手としても相手に少しでも喜んでもらえるのなら、手間を掛けることに拘ってみるのも良いのではないでしょうか。

>>来年から出しません「終活年賀状」広がる 40歳の人も

2.手間暇をかけて書くことに意義がある

相手の印象に残りやすいのもひとつのメリットと言えます。
昨今では年賀状をパソコンなどで手軽に作るというケースが増えています。

そうした波もあって自分では書かないという人が増えていますし、貰う側もすっかり印刷に慣れてしまっている傾向もあるでしょう。
そうした世相を考えると、簡単に作成してしまうのもひとつの選択肢ではあるものの、敢えてそんな中で、手間暇をかけて書くことに意義があるとも言えます。

印刷が多い中、地道に書かれた物は印象に残りやすく、律儀な人という気持ちを抱く人も多いはずです。
一年のはじめにちゃんとしている印象を残すと、送る方も気持ちの良いスタートが切れるものです。

相手に良い印象を持ってもらって損をすることはありませんので、心に残ることを目指すのなら手書きをチョイスするのがおすすめでしょう。

3.細部に至るまで自己表現をすることができるのが魅力

理想的なデザインや微妙なテイストを表現できるのも手書きならではの魅力。
専用のソフトを使って作成する場合ですと、テンプレートから選ぶかたちになりますので、細かいデザインに拘りを見せることができません。

もうちょっとこういったデザインにしたい、という時にも融通をきかせにくく、面白味のない年賀状になってしまいがちです。

その点、自分で書く場合は、細部に至るまで自己表現をすることができます。
手で地道に書くからこそのデザインがあり、オリジナル感あふれる年賀状を出すことができるのです。

こんな風に手書きで作成するからこそのメリットがあり、拘った一枚を送りたいという場合は、努力をして地道に作成してみるのも良いでしょう。ただ、ネックとなるポイントもいくつかあります。

4.字が下手なのもネックになり得る

ひとつは枚数が多い場合は大変になってしまうことでしょう。
沢山の相手に出すとなると、相当に手間が掛かりますので躊躇してしまうかもしれません。

その場合、大切な人に限定してみるのも良いと言えます。
相手に送り分けていることを知られると不都合もありますので、その点は慎重になる必要がありますが、印刷で送る人と手書きで送る人を分類して考えれば最小限の手間で済みます。

字が下手なのもネックになり得る問題のひとつ。
特にこの点が気になるという人もいるかもしれませんが、そこを敢えて隠さずに作成することにこそ意義があるとも言えます。

あまり字が上手くなくても、丁寧に書くようにすれば相手も嫌な気持ちにはならないはずです。
文字から伝わる感情もありますので、字に不得手があるのならその分、時間を掛けてゆっくりと作成するようにしましょう。