年賀状はやっぱり手書きが一番!

新年

1.手で地道に書いた年賀状は書き手の気持ちが乗っている

年末が近づくにつれ、年賀状の準備についてあれこれ悩む人は少なくありません。
どのくらい年賀はがきの枚数が必要なのか、誰に出せば良いのかなど、関係する諸問題を意識するようになるでしょう。

その際、手書きが良いのか、それとも印刷で簡単に済ませても良いのかについても迷ってしまいがちですが、おすすめと言えるのは手書きで差し出すこと。魅力は何と言っても気持ちが伝わりやすくなることでしょう。

パソコンでも、手で書いた風に作成をすることもできますが、それはあくまでも印刷にしか過ぎず、コンピューターによって作られた年賀状になってしまいます。
手で一枚一枚書いた場合と違って、印刷には温もりが感じられません。

受け取る側としても簡単に印刷と分かりますので、そこから手抜きを感じてしまったり、年賀状を貰うことのありがたみも薄くなりがちだったりするのです。

一方、手で地道に書いた場合は書き手の気持ちが乗っていることで、貰う側も嬉しい気持ちになれるはず。
自分のために時間を掛けて書いてくれたという想いを抱け、書き手の温もりを感じることができるのです。

些細な気持ちの違いではあるものの、送り手としても相手に少しでも喜んでもらえるのなら、手間を掛けることに拘ってみるのも良いのではないでしょうか。

>>来年から出しません「終活年賀状」広がる 40歳の人も

2.手間暇をかけて書くことに意義がある

相手の印象に残りやすいのもひとつのメリットと言えます。
昨今では年賀状をパソコンなどで手軽に作るというケースが増えています。

そうした波もあって自分では書かないという人が増えていますし、貰う側もすっかり印刷に慣れてしまっている傾向もあるでしょう。
そうした世相を考えると、簡単に作成してしまうのもひとつの選択肢ではあるものの、敢えてそんな中で、手間暇をかけて書くことに意義があるとも言えます。

印刷が多い中、地道に書かれた物は印象に残りやすく、律儀な人という気持ちを抱く人も多いはずです。
一年のはじめにちゃんとしている印象を残すと、送る方も気持ちの良いスタートが切れるものです。

相手に良い印象を持ってもらって損をすることはありませんので、心に残ることを目指すのなら手書きをチョイスするのがおすすめでしょう。

3.細部に至るまで自己表現をすることができるのが魅力

理想的なデザインや微妙なテイストを表現できるのも手書きならではの魅力。
専用のソフトを使って作成する場合ですと、テンプレートから選ぶかたちになりますので、細かいデザインに拘りを見せることができません。

もうちょっとこういったデザインにしたい、という時にも融通をきかせにくく、面白味のない年賀状になってしまいがちです。

その点、自分で書く場合は、細部に至るまで自己表現をすることができます。
手で地道に書くからこそのデザインがあり、オリジナル感あふれる年賀状を出すことができるのです。

こんな風に手書きで作成するからこそのメリットがあり、拘った一枚を送りたいという場合は、努力をして地道に作成してみるのも良いでしょう。ただ、ネックとなるポイントもいくつかあります。

4.字が下手なのもネックになり得る

ひとつは枚数が多い場合は大変になってしまうことでしょう。
沢山の相手に出すとなると、相当に手間が掛かりますので躊躇してしまうかもしれません。

その場合、大切な人に限定してみるのも良いと言えます。
相手に送り分けていることを知られると不都合もありますので、その点は慎重になる必要がありますが、印刷で送る人と手書きで送る人を分類して考えれば最小限の手間で済みます。

字が下手なのもネックになり得る問題のひとつ。
特にこの点が気になるという人もいるかもしれませんが、そこを敢えて隠さずに作成することにこそ意義があるとも言えます。

あまり字が上手くなくても、丁寧に書くようにすれば相手も嫌な気持ちにはならないはずです。
文字から伝わる感情もありますので、字に不得手があるのならその分、時間を掛けてゆっくりと作成するようにしましょう。